おうちで春のおどり

ここ最近、各地で、大雨の被害が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?幸い我が家は何も被害がなく、安堵しています。
コロナで、混乱した世の中なのに、大雨で
コロナの感染者数も増えてきているのに、go to~なんちゃらとか、大丈夫なんでしょうか?
   
マイ自粛2019年春のおどりのブルーレイを観ての感想を
昨年の春のおどりを観劇して丁度一年が経ち、忘れていた場面もありで、楽しく観れました
第一部、チョンパから『桐生祭』でテンション
『夏祭り』は、舞台上が、本当のお祭りで、
虹架さんが花道から『(ェ)イヤーサーサー』と力強く纏を振り上げ掛け声をかけられ登場されると、一気に祭りモードが盛り上がり、桐生さん楊さんとのやり取りが、とても楽しめます

第二部が、著作権等で音声が制限されているのを知っていたので(CDも付いてるので)あまり落胆はなかったですが、やはりラインダンスの場面は、無編集で、お願いしたいですね。折角のOSKの元気なラインダンスなので

デュエットダンスとフィナーレの大階段での三味線曲の男役さんの黒燕尾の群舞は、とても良かったです。
桐生さんのフィナーレとアンコールのご挨拶が、男前で、さすがの桐生さん

『しらみ茶屋』の芸者の白藤さんの青のお着物姿が、かっこよく、舞うお姿も艶やかで素敵な娘役です
緋波さんと穂香さんとの場面は、ほっこりです。
第一部の最後の場面の緋波さんをみて、さすが専科の貫禄100周年までいて頂きたかったと改めて、思いました。

今年の春のおどりは、残念ながら、南座も含めて中止となり、
トップスターの桐生さんを、もう見れないのか?
次の松竹座まで、トップスターでいて頂けるのか、心配ですが、今は、発表あるまで、待つしかないですね

    
話変わりますが、昨夜のテレビで蛭子能収さんが日常生活が困難で深刻だと放送されてました。
蛭子さんといえば、私の好きな『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で、太川さんと珍道中していた漫画家でもある蛭子さんです。
歩きが、大変で、バス旅を卒業して、最近『旅バラ』で活躍してたから、昨日のテレビは、自分の親戚のおじさんの事の様に衝撃でした。
バス旅マドンナの名前も出てこない・・。何で蛭子さん・・と思った
蛭子さんご自身もショックのようでしたが、放送最後に持前の呑気なキャラで、仕事への、意欲を語ってたので、仕事は、ぼちぼちされそうです。
まわりの方や奥様の支えで、頑張って頂きたいものです




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント